« 自大史観と事大主義 | トップページ | 斜めから見たいじめ »

2006/09/28

気になるNOVAのCM

 男の人が倒れてもがきながら何か叫んでいる。通りがかった少女がその声を聞き、「ご免なさい」と泣き出しながらNOVAの建物に入ってゆく。男の人がしゃべっているのが外国語で、それが分からないのを恥じた少女がNOVAに駆け込む、といったストーリーである。従来のNOVAのCMではアニメのウサギの動作や声に愛嬌があって楽しめたが、今回のは気になるストーリーが展開されている。拙者はその中の少女の行動に全く共感できなかった。
 第一に、この男の人は外国語をしゃべっているようだが、その動作を見ただけでも救助を求めていることは誰にでも分かる。彼女もそのことは分かっている。だとしたら、まず彼の訴えに応えようとするのが自然ではないか。自分では応えられないと思ったら、彼の代わりに周囲に助けを求めたり、119番に電話したりするのが自然だろう。もし彼女が臆病な人でかかり合いになるのを恐れたとしたら、心を残しながらその場から立ち去るだけだろう。いずれにしてもNOVAに駆け込んだりはしないだろう。
 第二に、日本において外国語が分からないことに涙が出るほど恥ずかしがるのは変だ。その点にも拙者は共感できなかった。日本人は英語圏の人々にコンプレックスがあるから、この少女の行動は別に変ではない、と言う人もいるかもしれない。だとしたら、拙者が違和感をもつのはこのコンプレックスに対してなのだ。

 以上がこのCMに共感できなかった理由である。NOVAに足を運ばせるようなストーリーを作っているだけなので、そんなにムキになる必要はない、とたしなめる人もいるだろう。いちおうはその通りだが、だとしてもわざわざこんな不自然なストーリーを作らなくてもよかろう。そこからさらにさかのぼって、この不自然なストーリーをそれほど不自然とは思わせない現実が、今の社会には存在しているのだ、という考えにいたってしまう。
 困っている人を見て、ともかく何とかしてあげようと近づく自然な行為が、以前よりも少なくなっているのが、今日の現実ではなかろうか。それだけではなく、その救助から逃げるために、外国語が分からないから、などといった口実を設けることが以前よりも多くなってはいないだろうか。だとすれば、このストーリーはそういう現実をある程度反映していると言えそうである。

 小泉内閣による構造改革は所得格差を広げ、社会的弱者の層を厚くしてきた。社会的弱者を貧困率で示すと、それは若者(18-25歳)、母子世帯、高齢単身者において異常に高まってきている。そのほか、全人口の中で占める割合は少数だが、障害者・障害児童に対し、自立支援と称して、救助のための予算は減額の一途を辿っている。安倍内閣もまたこの構造改革を継承し、促進すると宣言しているので、格差と弱者いじめとは進行する一方となるだろう。再チャレンジがうたわれてはいるが、どれだけ効果を発揮するかは疑わしい。貧困率の増大の根源は、所得再分配の方式や大企業優遇政策にあるのだ。新内閣はこの政策や方式を再考する気配を全く示していない。この国民生活の実態の改善よりも、憲法改正や教育基本法改正を優先させると言っている。生活よりも観念が重要なのだ。この内閣はいわばイデオロギー内閣である。この内閣は国の経済力、軍事力の強化をめざしている。国際の競争に打ち勝つためだ。そのためにお上の言うことには何であれ従順に従う愛国心の培養をもめざす。結構なことだ、と言う人もいるかもしれない。これらの強化は結局は国民を豊かにするからだ、と。だが実際にはそうはならないのだ。国が豊かになってもその分け前は弱者には薄いこともありうるからである。事実、アメリカは経済力、軍事力を誇っているが、いわゆる先進国の中での貧困率は最も高い。次の順位にあるのが日本である。

 小泉内閣は新しい貧困層の増大に目をつぶってきた。安倍内閣もこの逃避傾向を受け継ごうとしている。NOVAのCMの少女みたいだ。そしてその逃避を正当化するために憲法改正や教育基本法改正といった観念を持ち出すのである。そして日本の場合は、少女の外国語コンプレックスのようにアメリカ・コンプレックスが付きまとっているのだ。
 しかし以上の類比にはやや無理がある。というのは、例の少女は倒れている人に対して疑いもなく同情心をいだいているが、小泉、安倍といった新自由主義者たちは、弱者に対してほとんど同情心をもたないかのように見えるからだ。落ちこぼれは新自由主義者にとって、本人の怠惰のせいであるか、あるいは不可避のコストであるかのようだ。実際にはこの落ちこぼれの大部分は為政者が設定した再分配方式や大企業優遇政策のせいであるにもかかわらず、である。

|

« 自大史観と事大主義 | トップページ | 斜めから見たいじめ »

コメント

巡り巡ってこのエントリーに辿り着きました。NOVAのCMへの違和感や英語コンプレックスについては全く同感です。このCMが出始めた半月(かそれ以上か?)前あたりに、即座に「これは告知義務違反になるかも」という強い憤りを覚えたほどです。こういうCMを作るセンス(おそらく一流大学出身の大手広告代理店クリエーターでしょうが)が疑われますね。
 ただ、作田先生には、社会学者であるお立場から、こういうCMが作られる背景を社会学的想像力で解析してほしいという気持ちはありますね。最近の心ある高学歴日本人には、(失礼ながら)作田先生程度の「違和感」は持っていると思いますが、なかなか外部へ言語化する時間がないか、あるいはその手間などを惜しんでいるというのが現状ではないでしょうか。そういう人々に成り代わって、あなたがたの違和感の背後には、実はこれこれしかじかの事情があるんですよ、という作田流「社会学」の手ほどきをぜひお伺いしたいなあ、そういうふうに思っているのですが、欲張りでしたでしょうか?

投稿: shojisato | 2006/09/28 13:08

作田先生のコラムにはいつも感心する、前の人と異なり探偵(読者の田村です)は社会学的な分析なり解読を求めないからであるし、
NOVAの広告、いつも違和感あり、からアナロジー的に小泉・安部内閣の一部国民への切捨て政策にもっていく「力技」(ちからわざ)に驚嘆するからでもある。

そして、作田先生のある意味「社会学的」な観察は鋭く、確かに今の人(老若男女を問わず、ここが重要だ)は困っている人に手を差し伸べない風潮が強いと感じられるからだ、ここからNOVAのCMは確かにその風潮の反映であることは少なからず感じている人もおおいであろう。

(これがプレ社会学的な現実であろう。)

投稿: 名無しの探偵 | 2006/09/28 19:10

『困っている人を見て、ともかく何とかしてあげようと近づく自然な行為が、以前よりも少なくなっているのが、今日の現実ではなかろうか』
この意見に対しコメントいたします。
そう思います。と同時に、ある種の攻撃性を備え、ある種のこころの鎧とでも言うべき物をまとわなければ、中々他者との間で、自己確立できなくなっている、そういう時代かもしれません。だからこそ、他者との共感性を確立させる何かが求められているような気がします。そのような漠然とした要求が、しかしながら、経済的な『需要』として把握されてしまうという経済万能的な現実に、世の中の閉塞感の根源的理由をわたしは見ます。

投稿: yoshiboite | 2006/10/01 04:57

 あのCMを見て,「それは違うだろう。」と感じていたのですが,その時感じていた,単純な違和感だけでない何かちょっと見たくないものを見せられた感というか,なんとなくすっきりしなかった感じが何だったのか,わかった気がします。

「再チャレンジ」というのは,弱者としてはじき出された人間をもう一度競争社会の中に放り込む入り口をちょこっと作る程度の事なのではないかという気がして,その社会全体の大枠(所得再分配方式や大企業優遇政策など)を変えるか,少なくとも,はじき出すところの「出口」の方をなんとかしなければ,結局「負け組み」は作られ続けるでしょう。

ジャングルジムの怪獣(?)に襲われる人を助けるためには,「襲ってくるジャングルジムをどうにかすること」が必要なように,社会的な弱者を本当に助けようとするならば,「あらぬ方向に歪んだ社会の枠組みを正すこと」が必要なのだ。外国語コンプレックスに負けて英会話を習う(コトバがワカレバ解決できると考える)ことがあの状況を解決しないのと同様,アメリカコンプレックスに負けて憲法改正や教育基本法改正といった観念を持ち出す(コトバがカワレバ解決できると考える)ことはなにも解決しない。というよりもむしろ状況は悪化する。

だいたい「愛する心」ということを法律で決めようなんていう人たちは「国を愛する」ということをどんな風に考えているんだろうか。「まず愛国心を」などというのは話が逆で,『自分を愛し,家族を愛し,身近な人々を愛し,そういうかけがえのない一人一人の生活やそれを取りまくものごとを愛すること』が国を愛するとでもいうべき気持ちにつながっていくのであって,「愛国」のために先に『』で括ったようなことを犠牲にしなければならないような状況をつくってはいけない。


作田先生の文章を読ませて頂いて少し気持ちがすっきりしたような気がして,そのことをコメントしようとしたのですが,書いているうちにいろいろ考え出して,なんだか激高しそうな気分になってきました。もっと書きたいのですが,うまく言葉にならないので,今日はこれで失礼します。

投稿: まんぼう7 | 2006/10/02 22:28

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 気になるNOVAのCM:

» 障害者雇用 増加傾向 [社労士受験生のための日経新聞]
障害を持ちながら、元気に働く女性たちが増えている。 法定雇用率の義務づけや景気回復、企業の社会貢献意識の高まりも追い風となり、転職してステップアップを目指す人もいる。 [続きを読む]

受信: 2006/09/29 00:05

« 自大史観と事大主義 | トップページ | 斜めから見たいじめ »