« 原爆投下後の陸軍病院 | トップページ | 回想の夏 »

2006/08/18

政治権力者の靖国参拝は非常識

 政治権力者の靖国参拝は民主主義の社会の常識に反するということを、拙者はこの欄で何度も書いてきた。同じ意見はいくつかのマス・メディアの社説やその他で、多少力点を異にするが幾度となく語られてきた。当たり前のことだが当たり前とは思わない人が結構多いので、繰り返し述べておきたい。

 第一。靖国神社は戦没者を追悼する普通の施設ではない。それは特定の宗教あるいはイデオロギーを主張する特殊な施設である。それは侵略戦争を否定し、自衛のための戦争であるとする特定のイデオロギーを表明している。このイデオロギーにもとづいているがゆえに戦没者でもないA級戦犯の合祀に踏み切ったのだ(当時の厚生省の示唆によるのだが)。A級戦犯を合祀したからこの神社が特定のイデオロギーの担い手となったのではない。特定のイデオロギーの担い手であったからこそA級戦犯を合祀したのだ。

 ところで、権力が一点に集中せず、多元的に分散している民主主義社会においては、政治権力者が特定のイデオロギーを担う集団に加担することは禁じられている。政治権力者は暴力を行使する特別の資格をもっているので、政治権力者が特定のイデオロギーに加担すると、そのイデオロギーがそれ自身の価値によるのではなく、暴力を味方につけることで他のイデオロギーを圧倒することが可能となるからだ。暴力を行使しうる政治権力者は様々のイデオロギーや思想の価値に対して中立的でなければならない。なぜなら、彼に社会が暴力を行使しうる権限を付与しているのは、これらのイデオロギーや思想があい争って社会の秩序が解体する危険を防止するために暴力の独占が必要であるからだ。彼がこの争いの場に一人の闘技者として参加すれば、暴力を背景とする彼が勝つに決まっている。子供のけんかの中に大人が入ってどちらかの子供に一方的に加勢するようなものである。強い大人が加勢したほうが、それ自身の価値によるのではなく勝つに決まっている。それゆえに政治権力者は価値の争いに当事者として加わってはならず、どこまでも中立的でなければならないのだ。
 民主主義のこんな常識は、政治学のどんなテキストにも書いてある。小泉首相や安倍官房長官は大学の教養課程で政治学を学ばなかったのだろうか。丸山真男の中立国家論を又聞きにでも耳にしたことがなかったのだろうか。

 第二。以上で述べたところから、政治権力者が「心の問題」で行動してはならないことは明らかだ。「心の問題」で行動するということは、思想やイデオロギーの争いの場に一当事者として登場することである。大きな大人が子供の争いの場に一闘技者として躍り出ることなのだ。小泉首相はみずからの靖国参拝を正当化するために「思想、良心の自由」を持ち出すが、何度も指摘されているように、この条文は価値の争いの場に参加する資格をもつ一般市民の自由を、政治権力者から護るためのものなのである。政治権力者にはその資格はない。彼はあらゆる価値に対して中立的でなくてはならないのである。それは不公平だと、小泉首相はぶつぶつ言っているが、民主主義の制度とはそういうものなのである。いやなら、こっそりと私人として参拝すればよかった。それもできないのなら、首相を辞めればよかったのだ。

 小泉首相や安倍官房長官は民主主義の常識がまるで分かっていない。一国の代表者が戦没者を祀る神社に参拝するのは当然だ、と言う。だがこの神社は普通の戦没者追悼施設ではないのだ。特定のイデオロギーを鼓吹する特別の施設である。そんなに参拝したければ、価値的に中立の追悼施設を作ってそこへ参拝したらよかろう。彼らはこうした施設を作ることにほとんど関心を示してこなかった。
 次期首相をめざす安倍官房長官は日本は「自由と民主主義」の国だ、と言う。北のほうのどこかの国に比べれば確かにそうだろう。だが政治権力の中立性とはどういうことかがまるで分かっていない人物を次々に首相の座に送り込む政党が他を圧倒し続け、そしてこの政党の支配を何十年にわたって支持し続けている国民をもつこの国は、どの程度「自由と民主主義」の国であると言えるのだろうか。首相の靖国参拝に異論を唱える加藤紘一議員の自宅に、一右翼団体の幹部が火を放った。暴力を直接行使する右翼団体と、知ってか知らずか暴力を背景に靖国参拝を強行する政治家とは、もちろん次元を異にする。だが全く似ていないとは言い切れない。次期は安倍総理ということになると、この「自由と民主主義」の国の右傾化に拍車がかかるだろう。

|

« 原爆投下後の陸軍病院 | トップページ | 回想の夏 »

コメント

拍手。

投稿: Bar | 2006/08/19 06:13

  作田氏の論旨に賛成。が、靖国参拝する「非常識な」政治権力者たちに有効な常識であるかどうか、大いに疑問です。現状は、もっとひどいと私は感じる。
   政治のいっそうの「右傾」を望む者たちが、改憲論者でもあるとしたら(その可能性がきわめて高いが)、そもそも現憲法を蔑ろにしているのでは? と考える。チラッと侮蔑の視線をやって、足早に脇を通りぬけるべき何モノかのように感じているのではないか?


   私は日本国籍者だが、日本国憲法に限らず、この法律は気に食わん、という権利はあると考えるし、ときに主張する。ですが、立法と行政権力機関とそのメンバーは、私のように考えてはならない、というのが国家権力を制限する基本法の発想だ。
   小泉純一郎氏は、もしかしたら、気に食わん憲法だから、いままでの様々な課題(たとえば、警察予備隊)と同じように、なしくずしにしてしまえば、ずるずるにできると考えているのではなかろうか?  
   「憲法なんて、ナンボのもんか!」である。「どうせ、いつかそのうち改憲するつもりなのだ!」が彼の良心(清き明けき?)の声なのかもしれない。
   どうも、私のこの推理を実行にうつしている、靖国参拝などしている確信的な政治権力者が増えているのではなかろうか?
   権力者に「中立」を求める理念は理想態、実際は難しい。だから、国家の反省的理性である司法が、靖国などの憲法裁判には、レスポンスよく、しかもリジッドに、立法府と行政府にタガをはめる、カセになる役回りを与えられている。だが、どうも、私の見るところ、三権とは名ばかりの仕事しかしてこなかった。
   ひどくすると、私の属する国家には、憲法ってのは存在するのが無理なんじゃないか? とさえ感じる。このところ憂鬱は深くなるばかりだ。

投稿: 竹本テツ  | 2006/08/20 01:41

  作田さん、新堂さん、申し訳ありませんが、昨日のつづきを書き足します。
    小泉純一郎氏が国家の基本法を心根では、尊重していないのではないか、との疑義を呈しました。
    さらに、補足しますと、仮に小泉氏と私のあいだで「民主主義」について語るとしたら、さて、互いの「民主主義」があまりに違うので会話としては不成立じゃないかな? と感じています。双方の「民主主義」観は、数学空間的な二直線のねじれの位置の関係ほどに交差してないのではないか? と心配です。たとえば、ワイマール期ナチス台頭の折、ナチスは「民主主義」を否定して支持をひろげたのではありません。彼此の「民主主義」観がいちじるしく異なるとき、民主主義ということばを使わずに、相手に響く・ひびく言い回しが要り用です。
    小泉氏には、作田氏の「政治学」や「丸山眞男」は、鈍い話柄なのではないでしょうか? 私は、小泉氏や安部氏を家族経営の街場の電器屋さんの三代目と捕らえるのと判りやすいと考えています。電器屋さんを蔑視してはいません。もっとうまい例えが思いつかないからですが、電器屋のオヤジたる小泉、安部両氏に大学の、たとえば電気学の知識を求め、確認した上で洗濯機を買おうとするのは、無理な要望ではないのか、と感じるのです。なお悪いことに一部の街場の商売は、日用雑貨、衣料品店、八百屋にしても目端が利くと、ダイエー、ヨーカ堂やヤオハンに脱皮成長して、あたりの旧態依然の同業者を潰していきました。一方、代議士という商売は、営業の継続が営業利権の寡占を保障する業種です。洗濯機を買いにきたのに、電気学の講義をひと節拝聴しなければ、店主が売らないとなれば、商売はあがったりでしょう。ですが、顧客層が求めなければ、店主は学びません。「そういう理屈、面倒をしゃべくる奴は、気にくわん」というのが客筋、支持・支援者の心根にあれば、若い跡取店主どう育っていくか?、です。(むろん、座学でない政治学と丸山眞男に無知とは思いませんが、口について出るのが「心の問題だぁ」だから、余計に扱いに困るという、そういう紳士にお育ち、お振る舞いです。)
    私は、小泉首相の靖国参拝に屈託なく賛成する国民、有権者に若年層が予想以上に多いことを危惧します。この若人らに、どういう話しかけ方、話す内容をもってすれば、キャッチ・コピーやマンガが教育している「右傾」化を検討し、批判し、できれば抗い、なおかつ、私(たち)と「民主主義」の理解をベースを(互いの一部なりとも)共用していけるのか。
     クッ、クッと声を殺して笑っている女神ベリーナの、高笑いを聞きたくない、これは、小泉氏も祈っているようなのですが……。

投稿: 竹本テツ | 2006/08/21 00:29

   頻繁にブログを占めます。すみません。
  本8月22日日経紙は夕刊一面に「本社世論調査」を掲載。「自衛隊イラク派遣」「郵政解散」とともに小泉首相の「靖国参拝」を例示。「首相の判断 有権者が追認」の見出しです(法的外と見はどうであれ、小泉氏が「やった」ことについての)各設問の事前と事後を比較すると、いずれの設問において、回答者数の20%以上の「反対」が減り、「賛成」が同%以上増えている。6度目の靖国参拝の事前は7月下旬で、報道の調査は今18~20日実施とのこと。「靖国」項では、賛成28%-反対53%が、48%(20代の賛成は56%)-36%に推移と報じている。
   外部からの、仮りに学ならとしては、調査対象やその方法、設問などを詳細検討したうえで価値を評価することになる、が、私がうーんと唸ってしまうのは、敗戦日に小泉氏の参拝を望んで、靖国神社で待ち構えていた青年層は、同世代の小泉氏へのそれなりの賛同、あるいは共感への導かれている人びとの「代理」を数としてはブレ幅少なく反映しているようだ、ということ。
   目先、うん、これは大切だ(今夜喰う米、お櫃にあってほしい)、目先の分かりやすい収入格差論議を踏まえて、バブル経済崩壊後に私(たち)は、どういう精神風土に若人を浸してきたのだろうか? いかなる「生成」に置かれて、いるのか? ここまで、一読いただいた諸賢のみじかな所見を拝読してみたい。

投稿: 竹本テツ | 2006/08/23 00:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 政治権力者の靖国参拝は非常識:

» [妄念]激高し過ぎると身体に障りますよ。 [南無の日記]
 作田翁を敬していて不躾になるのだが。やはりこの老人の顔は一度見てみたい。エントリの内容についてはそれなりに思うことがあるし、年代が下がっている自分としては翁には無礼ではあるが自分も似たようなものかもしれない。武骨で一徹なところに皆惹かれるのではないかな... [続きを読む]

受信: 2006/08/20 00:06

« 原爆投下後の陸軍病院 | トップページ | 回想の夏 »