« 金英男氏の記者会見に思う | トップページ | 原爆投下後の陸軍病院 »

2006/07/18

畠山鈴香被告の自己破壊

 米山豪憲君殺害を認めた鈴香被告は、今度は娘の彩香ちゃんの殺害をも認め始めた。彩香ちゃんの死が警察により事故死の可能性が高いと発表された時以来、鈴香被告はこの死に事件性がありそうだということをビラの配布を通して、またマスコミを前にして訴え続けた。そして彩香ちゃんの死の原因を警察がしっかり調べてくれてさえいれば、豪憲君の死はなかったかもしれないと、謎めいた発言をしていた。テレビ番組の中では、豪憲君の死体発見以来、彩香ちゃんの死にも鈴香被告が具体的にかかわっているという疑いが、しばしば露骨に語られることもあり、またその疑いを軸として番組が構成されることもあった。しかしこういった番組構成者や発言者がいつもぶつかる壁があった。それは鈴香被告がもし彩香ちゃんの死に具体的にかかわっているとしたら、警察が事故だとみているのにどうして事件の可能性を訴え続けるのか、という一点であった。警察の扱いが事故から事件へと変わると、たちまち鈴香被告が容疑者とされる危険があるからだ。自己保存をおびやかすようなことを人はわざわざやってのけるものだろうか。この疑問が鈴香犯人説の前に立ち塞がる壁であった。
 しかし娘殺しの供述が真実を述べているとすれば、この壁は鈴香被告自身にとっては存在しなかったことになる。彼女は自己保存を危うくするにもかかわらず、彩香ちゃんの死の事件性を訴え続けてきたのだ。鈴香被告はいわば非合理的な自己破壊の欲望に動かされていたことになる。

 彼女の事件性の訴えを合理的な自己保存によって説明しようとする人もいる。彩香ちゃんの死が事故ではなく犯罪によるものなら、犯罪被害者への補償金を手にすることができるので、鈴香被告は娘を事件の被害者に仕立て上げたかったのだろう。この説明が正しいとすれば、鈴香被告はどこまでも自己保存という合理的な欲望によって動かされている、ということになる。しかしこの動機説明には無理があるようだ。鈴香被告が犯罪被害者となるためには、彩香ちゃんの死が犯罪によるものであることが認定されていなければならず、それが認定されるためには犯人が存在しなければならず、そしてその犯人が鈴香被告自身であることが浮き上がらざるをえず、そうなれば、犯人である彼女が補償金を受け取ることができないのは明らかであるからである。しかし、と言う人もいるだろう。鈴香被告は頭が弱そうだから、そんな推論はできず、犯罪被害者になれば補償金がもらえると単純に思い込んだのだろう、と。そうだろうか。犯罪被害者となって補償金をもらうというアイディアを思いつく能力があるなら、それが不可能であることくらいは思い至りそうなものだ。

 もしそこに思い至っていたなら、警察による彩香ちゃん事故死の発表に異議を唱えた鈴香被告の行動は、非合理的な自己破壊的動機によって動かされていたということになる。それは自己保存をおびやかさずにはおかないことが分かっていても、そうせざるをえないからそうした、という類の行動である。ではその非合理的な動機とは何なのか。彩香ちゃんを手にかけたことへの罪悪感のためかもしれない。事故説により自己が無視されてしまったことへの抵抗としての自己表現のためかもしれない。あるいはやがて実行しそうな豪憲君殺害を阻止してもらう願望のためかもしれない。いずれにしても、事故説への異議の提唱は彼女の頭の弱さのみならず、彼女の自己保存をおびやかす非合理的な動機からきていると考えることもできるだろう。

 人間はいつも損得を計算して合理的に生きているように思われがちだ。しかし人間は時には計算の尺度を越えて非合理的に行動する。鈴香被告の場合は頭の弱さからくる短絡性が部分的に作用しているかもしれないが、自己破壊的行動を合理的説明のみで解釈することはできない。人間とはそういうものなのだ。

|

« 金英男氏の記者会見に思う | トップページ | 原爆投下後の陸軍病院 »

コメント

賛成です!

 小生は欧米人で41歳、作田先生のファンです。とは言え、「恥の文化再考」の前半を、正直申し上げて、あまり理解できずに拝読したものだけですが。。。たいへん好きでした。

 今日は、先生のお言葉の引用を探しに参りまして、先生がまだ面白いことをお書きになっていることに驚いていると同時に、「さすが」と思っております。

 小生からみて日本人は八方美人・自己呈示で動機づけられているだけではないことはあきらだと思いますが、日本人にはプライベートな行動基準があるとされる思想家が少ないようです(私の無知かも)。例えば岸田秀氏は、「日本人の対人恐怖症」と欧米人の(岸田様の造語)「対神」恐怖を対立させています。日本人は諸他人を基準に、欧米人は神をと。と思います。(岸田さまのご本も理解しているかどうかわかりませんが)。まぁ、日本人が集団主義だとか、没我(主義)云々という理論がたくさんあるなかで、いや私的な行動基準をもっているとご主張される思想家は、作田先生以外になかなか見つかりません。

今回の記事と関連づけること?

「自己破壊的行動を合理的説明のみで解釈することはできない。人間とはそういうものなのだ。」

無理矢理かもしれませんが、羞恥心にはそのような非合理な側面があります。あるいは、羞恥心(や罪)は、このような非合理的さの根源かもわかりません。

 合理的に考えると、羞恥心はなくても楽です。プラトンが「共和国」で創造した(理論上の)悪人は、とことん合理的です。自分の悪いことを隠して、善人のように見えるだけでよくて、見つからなければどのように振舞ってもよいと考えるものです。プラトンもそのような人間はいないといっていましたが、日本人論を読むとまるで日本人はそのような存在だと思わせられます。

畠山鈴香被告も羞恥心があって、「非合理的に」行動されたように思われます。非合理的であろうが、洋の東西を問わず、人間はそういうものです。

と勝手にすべてを誤解して解釈している私かもしれませんが。

作田先生に敬意をお伝えいただきたいです。

武本Timothy

投稿: Timothy Takemoto | 2006/07/26 03:13

この事件の真相は、テレ朝の『TVのチカラ』に秋田県警の捜査のズサンさを告発しようとした被疑者が、逆に権力によって「魔女狩り」とされたと見るべきです。
一回目の放送で、彩香ちゃん事故死の不自然さを訴え、6月放送予定の2回目では、その後の警察の不審な動きと、米山豪憲くんについての衝撃的内容を含むものでした。
ところが、放送直前に彼女は能代署に監禁され、番組の内容は全て変更されて、彼女は凶悪犯に仕立て上げられてしまったのです。
彼女は、2回目の放送が予定通り放送される事を信じて、身の潔白が証明されることを信じて、任意同行を承諾したのです。彼女の願いは、権力によっていとも簡単に打ち砕かれたのです。

以下に、この事件を冤罪の面から論議しているサイトを紹介致します。
どうか多くの方に見ていただければと、切実に思っている次第です。

観劇レビュー&旅行記と日記
http://blog.goo.ne.jp/junsky/
どん底あるいは青い鳥。
http://donzokoblue.blog55.fc2.com/
いいげるブログ
http://igelblog.blog15.fc2.com/
Sage's Blog Returns
http://uguisu.cocolog-nifty.com/sages_blog_returns_/
◆■創価学会の非合法活動に要注意!!■◆
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1085063770/
阿修羅:日本の事件20
http://asyura2.com/0601/nihon20/index.html

投稿: 秋田犬系の能無し署員 | 2006/07/31 13:36

この言葉を見てください。

http://nextxp.net/archives/2006/06/post_181.html

小さいころから父はいなくて、母からは虐待されて、
愛のない養育。そのうえ、学校はこうです。
長く続いた救いのない環境、狂うのも無理はないんじゃないですか?

一部のみを眺めないで、全ての面を見てから、公正に評価してください。

投稿: H | 2007/05/26 07:54

僕もHさん紹介しているブログ見ましたよ。
この腐った学校と教員。
小さい頃からの家庭環境。

小学校から高校までの、学校という枠の中で、
何か手をさしのべることがあれば、
あきらめずに、手をさしのべる事があれば、
ここまでは酷い事件は起こらなかったのでは無いでしょうか?
今回の事件は許されるものではありません。
絶対に。
ただ、間接的に後押した教育現場も見直すべきではないでしょうか。
同じような事件が起きる前に。

投稿: 太郎 | 2007/09/15 23:20

The loans suppose to be useful for people, which are willing to start their business. As a fact, it's not hard to receive a term loan.

投稿: RobbieLuna29 | 2012/06/14 17:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157132/10990219

この記事へのトラックバック一覧です: 畠山鈴香被告の自己破壊:

» [暗黒]人間の持つ暗黒−畠山鈴香− [南無の日記 ]
激高老人のぶろぐ: 畠山鈴香被告の自己破壊  人間はいつも損得を計算して合理的に生きているように思われがちだ。しかし人間は時には計算の尺度を越えて非合理的に行動する。鈴香被告の場合は頭の弱さからくる短絡性が部分的に作用しているかもしれないが、自己破壊的行動... [続きを読む]

受信: 2006/07/18 16:46

» 母親に突き落とされる心の闇 [志村建世のブログ]
畠山鈴香容疑者が、彩香ちゃんを橋から突き落とした状況が、ようやく明らかになってきたようです。母親が本気で自分を突き落とすと知ったときの、少女の心はどうだったのでしょうか。8メートルの高さから落ちる時間は、1秒には足りませんが、何も考えるひまがないほ...... [続きを読む]

受信: 2006/07/27 21:15

« 金英男氏の記者会見に思う | トップページ | 原爆投下後の陸軍病院 »