« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006/07/18

畠山鈴香被告の自己破壊

 米山豪憲君殺害を認めた鈴香被告は、今度は娘の彩香ちゃんの殺害をも認め始めた。彩香ちゃんの死が警察により事故死の可能性が高いと発表された時以来、鈴香被告はこの死に事件性がありそうだということをビラの配布を通して、またマスコミを前にして訴え続けた。そして彩香ちゃんの死の原因を警察がしっかり調べてくれてさえいれば、豪憲君の死はなかったかもしれないと、謎めいた発言をしていた。テレビ番組の中では、豪憲君の死体発見以来、彩香ちゃんの死にも鈴香被告が具体的にかかわっているという疑いが、しばしば露骨に語られることもあり、またその疑いを軸として番組が構成されることもあった。しかしこういった番組構成者や発言者がいつもぶつかる壁があった。それは鈴香被告がもし彩香ちゃんの死に具体的にかかわっているとしたら、警察が事故だとみているのにどうして事件の可能性を訴え続けるのか、という一点であった。警察の扱いが事故から事件へと変わると、たちまち鈴香被告が容疑者とされる危険があるからだ。自己保存をおびやかすようなことを人はわざわざやってのけるものだろうか。この疑問が鈴香犯人説の前に立ち塞がる壁であった。
 しかし娘殺しの供述が真実を述べているとすれば、この壁は鈴香被告自身にとっては存在しなかったことになる。彼女は自己保存を危うくするにもかかわらず、彩香ちゃんの死の事件性を訴え続けてきたのだ。鈴香被告はいわば非合理的な自己破壊の欲望に動かされていたことになる。

 彼女の事件性の訴えを合理的な自己保存によって説明しようとする人もいる。彩香ちゃんの死が事故ではなく犯罪によるものなら、犯罪被害者への補償金を手にすることができるので、鈴香被告は娘を事件の被害者に仕立て上げたかったのだろう。この説明が正しいとすれば、鈴香被告はどこまでも自己保存という合理的な欲望によって動かされている、ということになる。しかしこの動機説明には無理があるようだ。鈴香被告が犯罪被害者となるためには、彩香ちゃんの死が犯罪によるものであることが認定されていなければならず、それが認定されるためには犯人が存在しなければならず、そしてその犯人が鈴香被告自身であることが浮き上がらざるをえず、そうなれば、犯人である彼女が補償金を受け取ることができないのは明らかであるからである。しかし、と言う人もいるだろう。鈴香被告は頭が弱そうだから、そんな推論はできず、犯罪被害者になれば補償金がもらえると単純に思い込んだのだろう、と。そうだろうか。犯罪被害者となって補償金をもらうというアイディアを思いつく能力があるなら、それが不可能であることくらいは思い至りそうなものだ。

 もしそこに思い至っていたなら、警察による彩香ちゃん事故死の発表に異議を唱えた鈴香被告の行動は、非合理的な自己破壊的動機によって動かされていたということになる。それは自己保存をおびやかさずにはおかないことが分かっていても、そうせざるをえないからそうした、という類の行動である。ではその非合理的な動機とは何なのか。彩香ちゃんを手にかけたことへの罪悪感のためかもしれない。事故説により自己が無視されてしまったことへの抵抗としての自己表現のためかもしれない。あるいはやがて実行しそうな豪憲君殺害を阻止してもらう願望のためかもしれない。いずれにしても、事故説への異議の提唱は彼女の頭の弱さのみならず、彼女の自己保存をおびやかす非合理的な動機からきていると考えることもできるだろう。

 人間はいつも損得を計算して合理的に生きているように思われがちだ。しかし人間は時には計算の尺度を越えて非合理的に行動する。鈴香被告の場合は頭の弱さからくる短絡性が部分的に作用しているかもしれないが、自己破壊的行動を合理的説明のみで解釈することはできない。人間とはそういうものなのだ。

| | コメント (5) | トラックバック (2)

2006/07/04

金英男氏の記者会見に思う

 金英男氏の記者会見をテレビで見て、暗い気分になった。あれから2、3日たったが、まだその気分が残っている。この気分は何からくるのかを考えてみた。それは彼が真実を語っていないことからきているように、拙者には思えた。真実とは事実に感情の裏打ちが伴ったものである。

 英男氏はまず拉致の事実そのものを否定した。その事実を否定するよう北朝鮮当局から指導されていたためであろう。そしてこの指導に反する発言をすれば北朝鮮での彼の生活がおびやかされるためでもあるだろう。彼は拉致されたのではなく、漂流中に救出されたと語った。現在韓国に居住している北朝鮮の元工作員の証言により、英男氏が拉致されたことはほぼ間違いない。しかし拉致を認めない北朝鮮当局は英男氏を通して黒を白だと言い張るのである。拉致の事実を認めない以上、英男氏の説明に真実味が失われるのは当然だろう。救出されたという虚構の話に話者の感情が伴うはずはなかった。
 横田めぐみさんについては、鬱病から統合失調症となって入院したと、彼は淡々として語った。鬱病から統合失調症になることもあるのだろうか。それはともかくとして、その病気を幼児期の交通事故のせいにした。早紀江さんによれば、交通事故はなかったし、階段から落ちたことはあったが、後遺症は全くなかった。めぐみさんが経験したことのない交通事故を英男氏に語るはずはなく、したがってそれが原因で彼女が大人になった時に頭痛持ちになったという英男氏の語るシナリオは、空々しい嘘としか聞こえなかった。ここでもまためぐみさんが拉致されたという重要な事実が、このシナリオによって隠蔽されているようだ。仮に彼女が鬱病になったとしたら、それは拉致によって肉親から引き離され、異郷で囚われの身になったという事実に深く根ざしていると思われる。交通事故に遭ったというシナリオは北朝鮮当局によって作成され、英男氏に語らせたものであることは、ほぼ間違いなかろう。拉致され異郷で囚われの身となった日本人女性と暮らしていたという事実をはっきり認めたうえでの発言でないために、英男氏のシナリオの朗読には、真実味がほとんど感じられなかった。それは空々しく響くだけだった。

 真実を語らない発言は聞く者の心を暗くさせる。そして真実を語らせない権力の暗さに思いを及ばせる。拉致およびその結果を隠蔽しようとする権力がこの空々しい会見を生み出したのだ。英男氏もまた拉致という犯罪に巻き込まれた犠牲者の一人だが、彼は真実から離れて保身に生きる能力(?)をもっていた。そうでない被害者たちは現在どうなっているのだろうか。
 強制連行も従軍慰安婦も国家犯罪だ。それらを棚上げして北朝鮮による拉致だけを責めるのは不公平である。しかし拉致もまた国家犯罪であることは確かだ。この犯罪の陰鬱な効果が今も時々露出している。金英男氏の記者会見が与える暗い印象は、その一端が露出したためだと思う。

 金英男氏の会見なのに、彼の左右に母と姉がすわらされていた。こんな会見は見たことがない。ばかげた演出だった。会見やその前後の家族再会の場面を見て、横田夫妻はとても辛かっただろう。この再会劇は拉致被害者めぐみさんの悲劇性をますます高めることに貢献した。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »