« 都教委が犯罪を創出 | トップページ | 金英男氏の記者会見に思う »

2006/06/21

現代のヒーロー、本村洋さん

 光市事件で妻と娘の命を奪われた本村洋さんは、被告の死刑を求めて7年のあいだ運動を続けてきた。その一つは犯罪被害者当事者の会の立ち上げである。今回、最高裁の高裁への差し戻し判決で、本村さんは目標に近づいた。本村さんは被告への復讐をめざしていた。それは為すすべもなく殺されてしまった妻と娘の無念をはらすためでもあったであろうし、妻子と共にしあわせに暮らしていた彼自身の生活が破壊されたためでもあっただろう。しかしまた、人を殺した者がのうのうと生き残っているのは正義に反するという信念にも支えられていた。彼が死刑を求めたのはもちろん報復のためではあるが、その欲望は彼の正義感となんら矛盾はしなかったのだ。
 目的を達成するために、彼はマスコミの招きに応じ、自分の主張を単純明快に繰り返した。彼の倦むことのないアピールが今回の最高裁の判決に何らかの影響を与えたかどうか、誰にも分からない。7年の歳月を経るうちに未成年という条件が量刑に及ぼす効果は減少の一途をたどり、また一般的に厳罰化の傾向も強まってきた。さらには、加害者の人権への配慮が被害者遺族の感情の尊重により相対的に軽減されてきたこともある。だから今回の最高裁の判決が本村さんのめげることのないアピールによって直接影響を受けたとは考えられない。そしてまたそうあってはならないという意見もあるだろう。しかし以上に述べた判決にかかわる3つの傾向の醸成に、本村さんの運動がある程度寄与していると言えなくもないのだから、彼のアピールが最高裁の決定に全く影響をもたらさなかったとも言い切れない。

 本村さんは犯人に死を与えることで報復するというはっきりした一つの目的をもち、その目的の達成のためにできる限りの努力を傾けてきた。一方今日の私たちの多くは、はっきりした一つの目的をもつことなく、どこに努力を集中してよいか分からないままに、日々を惰性的に過ごしている。そういう私たちにとって、一つの目的をもち、迷うことなく不屈の努力を続けている本村さんは、一種のヒーローのように見えるのだ。もちろん、正義感に裏打ちされているとはいえ本村さんの目的は私的報復である。彼の敵は一介の未熟な犯罪者にすぎない。この敵もまた今の歪んだ社会が生み出した犠牲者であるかもしれないのだ。しかし私的憤怒を公的憤怒に置き換える道が今日では多くの人々に閉ざされている。公的な敵が誰であるかが分かりにくい複雑な社会の中で私たちは生きているのだ。だからこそ、本村さんは現代の一種のヒーローとなりうるのである。

 犯罪はまた別のタイプではあるが一種のヒーローを生み出した。それは松本サリン事件の被害者河野義行さんである。彼はサリンのため妻が植物状態に近いほどの重症におとしいれられただけではなく、長野県警の臆断により、しばらくのあいだ犯人と疑われて執拗な取り調べを受けた。疑いの晴れたあと、彼は長野県警の取り調べが職務上やむをえない行為であったとみなし、県警の謝罪を受け入れた。彼はまた、麻原裁判が被告の出廷がないままに打ち切られたことに対し、不満の意を表明した。真実が明らかにされないまま審議を終えるというこの決定は民主主義の原則に反する、という理由からである。彼は犯罪の被害に苦しむ病床の妻の看護を長年続けながら、それでもなお、民主主義の手続きが厳正に行われることを主張してやまない。彼は私的には犯人のみならず警察からも酷い被害をこうむったにもかかわらず、民主主義を守るという公的な立場を貫いている。この人もまた現代の一種のヒーローであるとみなす人々も多いだろう。

 犯罪はある意味では対極にあるような2人のヒーローを生み出した。拙者は本村さんに共感を禁じえないが、同時にまた河野さんにも共感してしまうのである。

|

« 都教委が犯罪を創出 | トップページ | 金英男氏の記者会見に思う »

コメント

>彼が死刑を求めたのはもちろん報復のため

>本村さんは犯人に死を与えることで報復するというはっきりした一つの目的をもち、その目的の達成のためにできる限りの努力を傾けてきた。

>もちろん、正義感に裏打ちされているとはいえ本村さんの目的は私的報復である。

確かに事件の直後のインタビューでは、そのような趣旨のことを言ってましたが、今も果たしてそうなんでしょうか?

今日のテレビ朝日のスーパーモーニングでは、今回もし死刑判決が出て判決の基準が変われば、今後そのことによって死ぬことになる人間が出るかもしれないと悩んだこともあったと仰ってました。

今の本村さんは私的報復を達成するための理論武装としてではなく、一犯罪被害者として公平な刑を求めているだけじゃないですか?

>民主主義の手続きが厳正に行われることを主張してやまない。

本村さんはむしろ民主主義の手続きを厳正に行うよう求めているのではないでしょうか?これは今回の死刑回避は不当だという最高裁の差し戻しを見れば明らかでしょう。

もちろん安田弁護士が言うような被害者の首に蝶々結びをしただけという言葉を信じるなら公平とは言えないでしょうが、安田弁護士や作田様のようなご自分の思想に都合がいいように物事を解釈するような思考は、河野さんが訴えるような真実の追究を妨げる以外の何者でもないでしょう。

投稿: 邦松 | 2006/06/22 02:14

>安田弁護士や作田様のようなご自分の思想に都合がいいように
>物事を解釈するような思考は、河野さんが訴えるような真実の追?>究を妨げる以外の何者でもないでしょう。

このような発言は全く生産的ではないです。人様のブログに書くようなものではありません。

また、作田さんの全体的な趣旨を理解できているとも思えません。死刑回避は不当だという最高裁の差し戻しはあくまで「結果」に属する話で、このエントリの河野さんに関する話はあくまで「手続き」に焦点を当てています。

この「手続き」という観点から見た場合、今回の最高裁のやり方には問題があるという見方もできます。安田弁護士が「ドタキャン」したという件について、マス・メディアは彼の「やり口の汚さ」について激しくバッシングをしました。

けれども、実際には慣例を破って弁護人による裁判日程の延期を却下したのは実は最高裁の側だったわけです。交代したばかりの安田弁護士には裁判所の設定した日程までに弁護の準備を行うことは到底不可能であったにもかかわらず、です。これは極めて異例のことだと言われています。

では、こうした最高裁の判断を促したものは何でしょうか。推測でしかありませんが、それは裁判の迅速化を求める世論への配慮だったのではないでしょうか。迅速な裁判といえば聞こえはよいですが、それは真実を明らかにするという目的からは遠ざかるだけの話です。

投稿: 李昌 | 2006/06/24 13:39

ドタキャンについての裁判所の判断についてはよく分かりました。ありがとうございます。

しかし、安田弁護士の主張や謝罪の手紙の流出などを見ていると、私には彼がまともな弁護士だとは思えません。

また、今回作田さんは本村さんが死刑を求める理由が、私的な報復であると強い断定をしています。李昌さんはこのことに疑問を感じませんか?

罪に対する公平な刑を望むことは報復なのでしょうか?検察がやっていることは公的報復になるんですか?

現在本村さんは刑が下されなければ自分が殺すなどとは言っていません。マスコミがよりセンセーショナルに報じるために過去の映像を使っているだけです。

また、このように彼の行動を私的報復だと断じることは犯罪被害者の活動、もしくは努力を無に帰する言動だと思います。

山口母子殺人事件最高裁判決雑感。一人歩きした「謝罪の手紙」|藤井誠二のブログ
http://ameblo.jp/fujii-seiji/entry-10013867744.html

山口母子殺人最高裁判決雑感。「更生」と罰は天秤にかけられるのだろうか。|藤井誠二のブログ
http://ameblo.jp/fujii-seiji/entry-10013890435.html

投稿: 邦松 | 2006/06/25 02:37

 ちょっと論点がずれていますね。僕が言いたかったのは、あくまで本村氏の動機が私的報復であれ、被害者にとっての「公平な刑」を求めているのであれ、あくまで加害者への罰という「結果」を重視しているということ。次に河野氏ももちろん「結果」を求めているだろうけれども、たとえ時間がかかったとしても事件の解明という「手続き」を重視しているということ。この2人の違いにスポットをあてたのが今回のエントリの要旨なのではないか、という点です。

 なお、本村氏の行動の動機が「私的復讐」であるのか、それとも「公平な刑」であるのかというのは、ご本人にしかわからないのでしょうし、ひょっとしたらご本人にもわからないかもしれませんので、僕には判断できません。


 ただ、動機というのは、そもそも世間がより納得できるものが戦略的に採用されるので、「犯人を殺したい」という言葉よりも、「公平な刑の実施」という言葉のほうが世間のより広範な支持が得られると考えられるならば、そうした言葉を発するでしょう。

 さらに言えば、たとえ「私的復讐」が動機であると指摘しても、別に本村氏を批判することにはならないと思いますよ。家族を殺された者としては犯人に復讐したいと考えるのは当然ですし、最後の一文から見ても作田さんも本村さんを誹謗するためにこのエントリを立てたのではないと思います。

投稿: 李晶 | 2006/06/25 09:05

本村さんが結果を重視していることは分かりますが、だからといって手続きをないがしろにしているとも思えません。オウムの場合は麻原が証言をしないので真相解明には至っていませんが、今回の件では裁判をいたずらに引き延ばしているのは安田弁護士じゃないでしょうか?


私的復讐が動機であったとしても、私も悪いとは思っていません。誰にも動機は分からないというのはその通りですが、それならば作田さんにもこれを断じることは出来ないでしょう。

>その欲望は彼の正義感となんら矛盾はしなかったのだ。

>一種のヒーローのように見えるのだ。

>正義感に裏打ちされているとはいえ本村さんの目的は私的報復である。

オブラートに包んで共感するとは言っていますが、このような表現は負の表現ですよ。


欲望とは律しなければならないという意識は人には当然あります。その上で彼の行動は欲望であると仰っているんです。

ですから、これは本村さんだけではなく犯罪被害者の活動を冒涜していると感じるのです。

投稿: 邦松 | 2006/06/26 00:07

みなさん、はじめまして。激高老人の依頼により当ブログの管理をお手伝いしている者です。

当初より表明している通り、当ブログでは、相手の見えないブログ上での論争は実りが少ないとの判断から、みなさんからいただくコメントへの激高老人による返答は、原則として投稿しない、ということに決めています。 コメント欄はエントリに対するさまざまのご意見をうかがう場として公開しておりますが、コメントを下さる場合は、エントリの趣意をおおよそ把握していただいたうえで、賛否その他のご意見を頂戴したく、おねがい申し上げます。趣意からの大きな逸脱や曲解にもとづくコメント、反感をぶつけるがためのコメント、節度を超えた挑発的なコメント、等々はどうかお控えくださいますよう。

今回、邦松さんからの再三のコメントを受け、私もふたたびエントリを読み返してみましたが、本記事が本村さんおよび犯罪被害者の活動への冒涜を含意しているとの読まれ方は、甚だしい誤読だとしか思えません。それは邦松さんが「欲望」とか「私的」とかの用語に負の価値を付与されているところに起因する取り違いだと思われますが、記事の筆者はこれらの言葉を負の表現として用いてはいません。筆者の本村さんへの共感はオブラート表現では全くなく、真情表現です。河野さんとの比較は、先に李晶さんがコメントしてくださった通りのもので、一方を持ち上げ一方をおとしめるがためのものではありません。だから2人をともにヒーローだと言っているのです。

上記は本記事における激高老人のスタンスを代弁するものですが、これに対し、おそらく邦松さんはそうは読めないという反論をされることでしょう。しかしながら邦松さんがこのエントリをどのように読まれ、どのように感じられたか、という点は再三のコメントにより、十分によく伝わっておりますから、この場でのこれ以上の記述は差し控えてください。

今後、ブログ運営上問題ありと判断したコメントは、管理人の責任で削除させていただくこともありえますので、どうかよろしくご了承ください。

投稿: 管理人 | 2006/06/27 03:12

実に私も犯罪被害者の代表例として頭に浮かぶのは
本村さんと河野さんでした
どちらもTVに出ると涙が出てしまいます。
本当にご本人には何の罪もないのに偶々被害にあってしまった
だけであそこまで人の人生が狂ってしまうんだと
この文章にも頷きながら読ませて頂きました。
関係ないかもしれないけど、本村さんを通して
どうしても死刑反対論者になれなかった私の記事をTBします。

投稿: えん | 2006/06/27 18:47

「 本村さんに、幸せになってほしい。」と強く思います。
「 本村さん、幸せになろうね。」

人だから、「私が殺す」と言い
人だから、「人の心を取り戻して・・」と訴え
人だから、「自分の人生を一生懸命生きる」と言えた。

私は、本村さんの存在で今頑張って生きています。

今、苦しみを抱えている日本の皆さん「 生きましょう!!」
人は、「 何より、生きる事 」が神から与えられ使命ですから・・。

投稿: 空 | 2006/06/30 12:30

 私は河野義行氏も安田弁護士も知っている人だが、どうにも今回の母子殺害事件被害者遺族の本村洋氏の行動は理解できない。犯罪被害者界のホリエモンというか自分のやっていることが分かっているのだろうか?最高裁弁論に安田弁護士が欠席したのも調べれば、すぐに責任の所在が最高裁自身にあることは明らかなのに「これほどの屈辱を受けたことはない」と記者会見するとは昨今、精神科医がよく言う演技性人格障害そのものである。そこまで言うか、と言われるだろうが彼がよく会っているワイドショーレポーターとか手記を寄せた週刊誌・出版社が過去に、どれほど他の犯罪被害者自身・遺族を誹謗中傷したか知っているのか?どうしてそんなところに被害者感情を売り込みに行くのか、やはり徹頭徹尾自分のことしか考えていないからであろう。だから河野氏のみならず他の犯罪被害者もそんなところへは話には行っていない。北朝鮮の平壌放送のような本村氏にだまされてはいけない。
 電脳討議場 管理人 藤原欽也

投稿: 藤原欽也 | 2006/07/30 23:33

弁護団は事実を曲げすぎている。
どんなに死刑は良くないと語っていても
木村さんの事件で、注目を浴びたかったのかもしれませんが
逆効果だと思います。
木村さんを叩く前に加害者への演技指導をする
弁護団の頭が気になりますね。
残念です。木村さんを応援します。

投稿: みな | 2007/06/27 16:54

本村洋さんを応援しています!
弁護士がまとまって死刑をしない!・・・様な事を言ってるけど。
ふざけるな!という気持ちです。
自分の娘や息子が同じ立場になったらどう思うか考えてみろ!
バカヤローが!と言いたいです。
本村さん!とても辛いだろうけど・・・ずっと応援しています!
あなたの気持ちを思うと正直眠れません!
日本の法律も時代と共に変えていかなければ!
悪い奴には年齢、状況関係なく死刑にしなければ駄目だ!
本村さんの気持ちを思うとどこまでも本村さんに
応援します!

投稿: EZO | 2007/06/28 22:29

現代のヒーロー、本村洋さんというタイトルですが
ヒーローでもなんでもありません、将来を奪われ必死にに戦っている一人の人間です。逆に法の盲点を探し罪を受け入れない不幸な犯罪者とわけのわからないとりまき(個人の利益を持て求める弁護人)との戦いと感じます。
発展のための資本主義の日本はいつ歪んだのでしょう。
私はこのような投稿で何も何もかわらいとは思っていますが、あまりにも相手方の弁護が非道徳的と感じます。
罪を認めてこと、弁護の余地あると感じますが、子を持つ親としては許せない行為であり、あいまいな発言、つじつまが合わない弁護には加害者の罪ははもちろん弁護側の罪も生じると思います。是非将来的になっとくいく判決を望みます。そうでなければ次に正義を求める暴動が発生すると感じます。

投稿: マルヤマ | 2007/06/30 23:28

本村様を 全面支持であります。

こんな 不条理なことってありえないです。

麻原裁判のあの、弁護人だったって、忘れてました。<恥>

テレビで 見ると まともに 見てられないほど、

いやな、感じを受け、たいてい消してしまってたのです。

当事者でらっしゃる 本村様は 本当に 大変な辛い 体験を

なさってらっしゃると思います。自分には とうてい

でき得ない、 想像も つかないほどで あります。

どんなにか、悔しく、かなしかったでしょう。

ただ、ごく普通に くらしていた 平和な 家庭が

あんな風に 破壊 されてしまうなんて、・・・

あんまりすぎます。どんなにか、犯人が 憎いでしょう。

ひどすぎてーーー。

名前も書きたくない あの弁護士は、本当に 人間らしい

普通の こころ をもっていませんね。 だから あんな

犯人の 弁護 ができるのじゃなかろうか。

”殺人”この忌まわしむべき、最悪の、つみ。

これを かばう 理由を、わたしは しらない。!!

投稿: アキミオル | 2007/09/30 13:28

判決後の会見で本村氏が社会からしてみれば三人の命が失われ不利益だというようなお話があったが それをきいてびっくりした すごいなこの人はと感じた 今回の事件は世間に様々な影響を与えて多くの人が思いを巡らしたと思う それはとても大切なことだったし 私個人としては世の中も捨てたもんじゃないと思えました

投稿: はやと | 2008/04/23 07:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157132/10627462

この記事へのトラックバック一覧です: 現代のヒーロー、本村洋さん:

» 光市母子殺害事件、腰砕けの破棄差し戻し [西野坂学園時報]
 光市母子殺害事件、最高裁は二審の無期判決を破棄(asahi.com)  http://www.asahi.com/national/update/0620/TKY200606200370.html  最高裁の決定は高裁判決の破棄差し戻し。  残念ながら被告人・福田孝行(25)に最高裁の鉄槌は下りませんでした。  犯行時19歳だったもと死刑囚の永山則夫(刑死)と異なり1、2審でいずれも無期懲役判決だったために、最高裁で逆転死刑判決は出しづらかったものと推察されますが、結論を回避しただけの... [続きを読む]

受信: 2006/06/24 19:29

» 本村洋さん、山口母子殺害事件と『天国からのラブレター』 [69 playa Diary]
一応メモ。感想は長くなるのでまた別のエントリでおこします。 1999年、山口県光市の自宅に侵入してきた少年(当時18歳)に妻(当時23歳)を虐殺され、その後(いわゆる)死姦をされ、娘(当時11ヶ月)を虐殺される(山口県光市母子殺人事件)。犯罪被害者遺族として、以下のような「理不尽な仕打ち」を受け、日本では「犯罪被害者の権利が何一つ守られていないことを痛感し」、同様に妻を殺害された元日本弁護士連合会副会長・岡村勲らと共に全国犯罪被害者の会を結成し、幹事に就任。テレビの生放送で「裁判所が加害者を死刑に... [続きを読む]

受信: 2006/07/01 07:40

« 都教委が犯罪を創出 | トップページ | 金英男氏の記者会見に思う »